エラ整形を行う美容外科を徹底比較!

ホーム > エラ整形について > エラの整形はどんな治療方法なのか

エラの整形はどんな治療方法なのか

 エラが張っていたり、脂肪が付いていて気になるという場合には、エラの整形をするという方法があります。ですが、一般的な治療方法を把握しておかないと、失敗する可能性がありますので、注意が必要です。
 まず、エラが張っていると言いましても、どのようにして張っているかによって治療方法も異なります。まず、骨が出ていてエラが張っている場合には、骨を削らないといけませんので、エラ削りの手術になります。
 そして、骨ではなく、筋肉が出っ張っている場合には、骨を削るのではなく、注射を使用した治療を行います。そしてエラが張っている原因に、骨も筋肉も関係している場合には、施術者の判断によって、骨を削るのか注射をするのかを決めます。


 エラを削る方法は、まずきちんとカウンセリングをして、どのようにしてカットをするのかというのを決めます。削る深さをちゃんとコントロールしませんと、箇所が箇所になりますので、リスクが高くなりますので注意が必要です。安全性を高めるためにも、価格で決めるのではなく、有名なクリニックであったり、確かに実績を残しているクリニックで施術をお願いしましょう。
 エラ削りは、下顎骨の中でも外板と呼ばれる部分を削ったり切ったりする治療方法もあります。手術方法を短縮するために切除を行うところもあれば、ドリルを使用して丁寧に削る所もありますので、事前にどのような方法で削るのかというのを、確認しておくと良いでしょう。


 エラ削りの整形手術は、術後にダウンタイムがありますので、施術前はきちんと予定を立てるようにしましょう。術後の2~3日間がピークです。しかも、その間は最も腫れが酷くなりますので、十分注意をするようにしましょう。
 逆に、そのピークを過ぎれば、症状も落ち着いてきます。その間は、外出をする際にはちゃんとマスクをするようにしましょう。大体2週間もすれば症状も落ち着いてきます。ですが、落ち着いてきたからといって、無茶をしてしまいますと、また腫れが戻ってしまう可能性がありますので、十分に気を付けましょう。
 ちゃんとエラが完成するのは、約三ヶ月程度だと言われています。長い人で半年程度かかる事もありますので、ちゃんとその間は病院に行って、経過観察をするようにして下さい。エラ削りの整形手術は、顔の手術になります。
 近年、価格も安くなり、誰でも気軽に整形が出来るようになりました、だからといって、安易な気持ちで何も考えずに整形をしてしまいますと、失敗する可能性がありますので、十分に気を付けましょう。